外壁調査

特殊建築物等の定期報告制度の法改正・建築物の外壁修繕計画に伴う事前調査など外壁の全面調査を必要とする機会が増えてきました。
当社ではタイル外壁、石貼り(湿式)、モルタル塗り外壁の浮き、ひび割れの調査を外観目視法・赤外線法・打診法を併用することにより各工法の短所を補完し、より正確な調査結果報告を提出いたします。

打診法

調査用パールハンマーにて壁面を打診し、打音の高低などで浮き部の有無を調査します。

赤外線法(サーモグラフィ)

赤外線法は、建物の外壁タイルやモルタル仕上げ等の浮き部と健全部の熱伝導の相違によって生じる表面の熱エネルギーを赤外線サーモグラフィによって測定し、得られた表面温度分布から浮き部を検出する方法です。高所を調査する際には仮設足場やゴンドラなどが必要になり設置費用・安全対策費などが調査費以上にかかります。赤外線法なら全面打診法に比べ低コスト・安全・ノンストレスに診断調査が可能です。特に定期報告・建物調査などの外壁診断には赤外線調査をおすすめいたします。
当社では日本赤外線劣化診断技術普及協会(JAIRA)の資格をもった技術者が実施します。


可視画像

赤外線法(サーモグラフィ)

ひび割れ調査(クモノス)

クラックスケールを内蔵した光波測距儀(プリズム不要)を使用することで遠隔操作で計測可能となりました。また、光波測距儀本来機能である座標を持たせることで平面的な展開も可能で精度の高いご報告が出来ると思います。