物件調査

憲法29条の「財産は正当な補償の下に、これを公共のために用いることができる。」の主旨から土地に付随する建物等の移転・居住権の権利に係る損失の補償を目的とし、対象となる建物等および居住者の調査・積算を行っております。業務の概要は以下のとおり。

 建物移転補償(建物の移転に必要な費用)
 工作物移転費用(工作物の移転・新設の費用)
 立竹木移転補償(庭木・農業収穫樹の移転費用)
 通常損失補償(移転に伴い通常発生する費用)
 仮住居補償(移転に伴い仮住居が必要な場合の家賃費用)