地質調査

地質調査は、建設事業の先駆として実施され、土質・地質・基礎地盤・地下水などを主として地下の不可視部分の情報を得ることにより、設計・施工・維持管理など建設事業の各段階に最も基礎的で、重要な技術資料として提供するものです。

ボーリング調査

建設工事や防災などの計画・設計・施工においては、地質構成・物理的な様々な特性を知るために地質状況を把握することは必要不可欠な要素であり、あらゆる地層に対応でき、地質構成を直接目視観察できることがボーリング調査の最大のメリットです。

■ 一般的な地質調査でのボーリングの実施内容

1.地質構成や基盤の深さおよび地下水位の深さ、試料を採取することで直接的に地質状況を把握

2.地質の物理的特性を把握する各種室内試験用試料を得るためのサンプリングやボーリング孔を利用した原位置試験を実施するための試験孔を確保

3.様々な測定機器の設置、または挿入して地質の状態を観測するための設置・挿入孔の提供

スウェーデン式サウンディング

ロッド、スクリュー、錘などからなるスウェーデン式サウンディング試験装置を用いて、土の硬軟又は締まり具合を判定します。静的貫入抵抗を求める現位置試験方法の一つです。

■ 軟弱地盤対策

「やや軟弱」と判定された地盤でも敷地全体が同等な土層構成である場合は、広幅ベースやベタ基礎などにより接地面積を広くして荷重を分散させる方法である程度対処可能です。しかし、超軟弱な地盤や軟弱層の層厚に差異がある場合は、沈下を起こす層に荷重をかけない様に支持する坑基礎や、地盤改良により支持力の向上や均一化を図る等の対処方法が必要となります。